Warning: file(http://api.search.yahoo.com/WebSearchService/V1/webSearch?query=%E4%BF%A1%E7%94%A8&appid=kia99bfdat11178aa&adult_ok=1&similar_ok=&language=ja&results=20&start=1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 82

Warning: join() [function.join]: Invalid arguments passed in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 82

Warning: file(http://api.search.yahoo.com/ImageSearchService/V1/imageSearch?query=%E4%BF%A1%E7%94%A8&appid=kia99bfdat11178aa&adult_ok=&results=1&start=) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 101

Warning: join() [function.join]: Invalid arguments passed in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 101
Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall | Wikipedia情報 | 信用

Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall

Wikipedia情報 | 信用

Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall 天動説 - The Ptolemaic theory
TOP アニメ ゲーム アイドル Labs
ワード
スポンサードリンク
スポンサード リンク
Wikipediaで検索する何か。
「信用」で検索したら 21 個見つかりますた

『』より : クレジット(Credit)とは、ラテン語の「貸し付け」の意味。 信用、信頼。 (信用から生じる)名声、評判。 借款。 複式簿記における貸方。 信用貸し、またはこれによる信用販売。例えば、月賦(分割払い)による販売など。クレジットカードも参照。 また、信用販売と消費者金融を総称して、クレジットとすることもある。なお、1961年7月に割賦販売法が公布されたため、7月1日がクレジットの日として制定されている。 クレジットタイトルの略。 映画・テレビ番組・ゲームソフトなどにおいて、制作スタッフやキャストの名前を役割を付して表示するもの。 新聞・書籍・写真などの著作物において、その中に明記する作者・原作者など著作権者の名前。書籍の場合は「奥付」ともいう。前記映像コンテンツでは、制作スタッフやキャストの名前が表示された最後に「製作:○○放送・△△映像」という形で表示される。 アーケードゲームにおいて、入金した額に応じて得られるゲームプレイの権利。またはその単位。 パチスロやメダルゲームにおいて、ベット数を超えて投入したコインを貯留する装置。
信用情報(しんようじょうほう)とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報のこと。 個人情報の一つ。 「信用情報機関」と言う基盤が整備され、各々積極的(有効的)に活用されている国は、欧米や日本などの先進国が主となっている。例えて言えば、中華人民共和国では上海市や北京市などの都市部の富裕層(十数万人程度)の情報を中心とした信用情報機関(民間企業)が数社ある程度である。 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国においては、支払い情報(履歴)であるクレジットヒストリー(英語: credit history)及び、クレジットヒストリーによって計算されるクレジットスコア(英語: credit score)は、生活を大きく左右する指標となっている。
信用金庫(しんようきんこ、英語:Shinkin Bank)は、日本において預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資、ローン)、手形の発行などを行う金融機関の一つである。信用金庫法によって設立された法人で、信金(しんきん)と略称される。現在全体で100兆円を超える資金を運用し、地元の中小企業を中心に60兆円強の資金を融資するなど、地域経済社会に確固たる地位を築いている。2016年(平成28年)3月31日現在、全国に265の信用金庫が存在する。 信用金庫は1951年(昭和26年)6月に制定された信用金庫法にもとづく会員の出資による営利を目的としない協同組織の地域金融機関である。営業地域は一定の地域に限定されている。中小企業ならびに個人のための専門金融機関。大企業や営業地域外の企業・個人には融資ができないという制限があるが、これは「地域で集めた資金を地域の中小企業と個人に還元することにより、地域社会の発展に寄与する」という信用金庫の目的のためである。
”当記事においては、「信用格付け」の意味で「格付け」または「格付」の表記を用いる。”
格付、格付けとは、国債や社債などの債券を発行する発行体の信用リスク、つまり債務の返済が予定通りに行われないリスクを、簡単な記号で投資家に情報提供するものである。格付けは、発行体そのものに付けられるものと、個別の債券に付けられるものなどが存在する。なお、一般にニュースや、新聞等で格付けといわれているものは、信用リスクに対する格付け、信用格付けを表していることが多い。
例:「○○株式会社の格付けをAAに格上げ」など
格付けの重要な機能として、情報の非対称性を減らすことが挙げられる。国や企業が、市場から資金を調達する方法として大きく、金融市場(金融機関)を利用する方法(間接金融)と、資本市場を利用する方法(直接金融)の二つが存在する。前者では投資家(預金者)が銀行に預けた資金を、銀行を通じて企業などに融資をするため、企業が債務不履行に陥った場合も、銀行がリスクを負うため、出資者はリスクを負わなくてもよい。しかし、後者の場合は、投資家が直接企業などの発行した、債券などを購入し、資金を拠出するため、企業が債務不履行に陥った場合は、そのリスクを直接的に投資家が受けることになる。間接金融の場合は、融資先の信用リスクは、金融機関の専門のアナリストが、取引先の財務分析や、ヒアリングを行うことにより、判断が可能であるが、投資家の場合、特に個人は大抵の場合そのようなことを行うことが出来ない。つまり、国や企業などの発行体と投資家との間に、情報の非対称性が生ずることとなる。発行体と投資家の間に、情報の非対称性が存在しない、投資家が発行体の信用リスクを完全に知っている状態である場合には、投資家はその信用リスク応じて、利回りを決定すればよい。そのようにすることによって、異なる信用リスクを持っている発行体の債券であっても、期待利回りは同一にすることができる。また、発行体の信用リスクがわからない場合は、信用リスクが低い発行体に対しても高い利回りを要求する、エージェンシー・コストが発生することがある。そのために、信用リスクの情報を提供する格付けは市場において重要なものである。

信用創造(しんようそうぞう、英: Credit creation)とは、銀行の貸出によってマネーサプライ(通貨供給量)が増加すること。あるいは、金融機関のおこなう「決済機能の提供」と「金融の仲介機能」が作用して信用貨幣が増加する機能を指す。銀行が貨幣経済において果たしている重要な機能のひとつ。 銀行は預金を受け入れ、その資金を誰かに貸し出す。その過程で信用創造は発生する。以下は、そのプロセスの例である。 A銀行は、X社から預金1000円を預かる。 A銀行は、1000円のうち900円をY社に貸し出す。 Y社は、Z社に対して、900円の支払いをする。 Z社は、900円をB銀行に預ける。この結果、預金の総額は1900円となる。もともと1000円しかなかった貨幣が1900円になったのは、上記2.の結果として、Y社が900円の債務を負い返済を約束することで900円分の信用貨幣が発生したことになるからである。
信用取引(しんようとりひき、英:Margin)は、金融用語の一つで、株取引において株式や株式購入の資金を証券会社より借り入れて株の売買を行う投資手法のこと。 英語読みのまま、マージンとも呼ばれる。現物取引と対比して使われることが多い。 日本における戦後の証券取引所再開にあたって、ハーグ陸戦条約の条約附属書「陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」の第43条との整合性は不明瞭であるが、GHQは、「取引所三原則」の一つとして「清算取引の禁止」を指示し、明治以後の株式取引の中心であり、米の先物取引を参考に創設された清算取引を否定した。一方、証券業者の側では、戦前の経験へのこだわりが捨てられず、取引の規模を拡大するという単純な意味での市場振興策として、清算取引の復活をしばしば訴えた。結局、1951年には、業界の主張を部分的に取り入れる形で、市場の厚みを増す「仮需給」を導入するとの名目の下に信用取引制度が創設された。 株式の信用取引においては、後述する「品受」および「品渡」により決済する場合を除いて、買い付けた株式や売りつけた株式代金そのものを投資家が手にすることはなく、あくまで売買によって生じた差額のみを受け取る、または支払う。
信用状(しんようじょう)とは、貿易決済を円滑化するための手段として、銀行が発行する支払い確約書。英語はLetter of Credit、L/C(エルシー)と略す(単にCreditということや、DC(Documentary Credit)ということもある)。 貿易取引は、相手が遠隔地にいるため、商品を発送しても買い手が確実に支払いをするかどうかを確証する手段に乏しい。このために発達した手段が荷為替手形という方式であるが、これに銀行による信用供与を加えてさらに確実にした手段が信用状決済である。信用状取引により、輸出者は船積みと同時に輸出代金を回収することができるほか、輸入者にとっても、輸入代金を前払いする必要がなくなる。 信用状取引のプロセス 信用状取引は、通常、以下のような手順を追って行われる。 輸出者は船積書類を引き渡す。輸入者は船積み書類を用いて貨物の輸入通関と引き取りを行う。 発行銀行が買取銀行に買取金額を支払う。買取からこの支払い完了までにかかった金利は、信用状に規定された内容に従って、輸出者または輸入者に別途請求される。
信用乗車方式(しんようじょうしゃほうしき)とは、公共交通機関を利用する際、乗客が乗車券を自己管理することで駅員や乗務員による運賃の収受や乗車券の改札を省略する方式。信用乗車制、チケットキャンセラー方式とも呼ばれる。 導入の経緯 自己改札が導入されたきっかけは、路面電車の低い生産性を補うため大型車両を導入したことにある。まず車掌が乗務しない定期券専用車を連結したことに始まり、連接車が導入されてからは後方車両入口から乗車した乗客が車内を移動する際に車掌台で運賃を支払うパッセンジャーフロー方式が導入された。このパッセンジャーフロー方式を進化させたのがチケットキャンセラー方式(自己改札)である。 チケットキャンセラー方式では乗客はあらかじめ、停留所などに設置されている券売機で乗車券を購入して乗車し、車内のチケットキャンセラー(乗車券刻印機)に乗車券を差し込んで乗車日時を刻印し、その時に発せられる音で、乗車券を所持していることを他の乗客に認知させることで無札を牽制させ、相互監視する仕組みが採られた。
販売信用(はんばいしんよう)とは、信販会社などが信用を供与した会員等の買い物代金を、立て替えて支払うこと。クレジットとも呼ぶ。 消費者信用の形態の一つ。割賦販売(かっぷはんばい)、個品斡旋、クレジットカードによる商品、サービスの購入が該当する。直接金銭を借りるわけではないが、借金の一種とみなすことができる。 消費者の所得が低かった頃、高額な什器や電気製品、自動車(オートローンも参照)などについては、代金をその場で現金払いすることは困難であった。こうした中で、消費者が購入しやすくなる手法として販売信用は利用された。 最初は、商人や販売会社自身が代金を立て替え(売掛金)、後払いで代金を受け取った。呉服商によるお得意様への掛け売り、あるいは月賦百貨店は、販売信用の嚆矢と言えよう(2者間契約)。 だが、販売会社の手持ち現金の薄さ(キャッシュフローが改善できない。このため販売会社へ運転資金を融資して助けようとする動きもあった)の問題や、売掛債権管理の業務処理が増加することになる。
信用毀損罪・業務妨害罪(しんようきそんざい・ぎょうむぼうがいざい)は、刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 - 第234条 - 第234条の2)に規定される犯罪のことである。 信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。保護法益は人の経済的な評価とされており、信用とは経済的な意味での信用を意味する(大判大正5年6月26日刑録22輯1153頁)。判例・通説は、人の経済的側面における評価を人の支払い能力または支払い意思に関する信用に限定していたが、より広く「経済的な側面における人の社会的な評価」とし、「人の支払能力又は支払意思に対する社会的な信頼に限定されるべきものではなく、販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含む」とした(最判平成15・3・11刑集57巻3号29頁)。
『信用毀損罪・業務妨害罪』より : 信用毀損罪・業務妨害罪(しんようきそんざい・ぎょうむぼうがいざい)は、刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 - 第234条 - 第234条の2)に規定される犯罪のことである。 信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。保護法益は人の経済的な評価とされており、信用とは経済的な意味での信用を意味する(大判大正5年6月26日刑録22輯1153頁)。判例・通説は、人の経済的側面における評価を人の支払い能力または支払い意思に関する信用に限定していたが、より広く「経済的な側面における人の社会的な評価」とし、「人の支払能力又は支払意思に対する社会的な信頼に限定されるべきものではなく、販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含む」とした(最判平成15・3・11刑集57巻3号29頁)。
信用保証協会(しんようほしょうきょうかい)は信用保証協会法(昭和28年法律第196号)によって設立される認可法人で、法人税法別表第2に掲げる公益法人等である。中小企業が市中金融機関から融資を受ける際に、その債務を保証することで、中小企業の資金繰りの円滑化を図ることを目的としている。 一般に、中小企業が銀行などの市中金融機関から融資を受けようとする場合、その成長性や経営のリスクが大企業に比べて大きいため、融資を得ることができなかったり、調達できる額や条件において不利になったりすることが多い。それを解消し、中小企業がスムーズに資金を調達できるよう、信用保証協会は中小企業の委託に基づき金融機関に対して信用保証(保証承諾)を行う。これは、大企業と比べ資金調達上の不利性を持つ中小企業の信用力を補完し、中小企業と金融機関との架け橋になることで、中小企業の資金調達の円滑化を図るものである。協会の信用保証に基づき金融機関は中小企業に融資を行い、信用保証協会は信用保証の対価として信用保証料を借り手の事業者から得る。
『信用保証協会』より : 機関保証(きかんほしょう)とは、保証料を支払うことによって法人が連帯保証人の役割を果たす制度。保証を請け負う法人には保証機関(信用保証協会などの団体)・保証会社(信用保証会社)があり、俗に保証屋などと呼ばれる。 金融機関の系列で保証会社を設け、事業者向け融資や住宅ローンなどの大口融資の保証を行っているのが多く、信用保証会社とも言われる。銀行などが個人に住宅ローンや、マイカーローン・カードローンなど無担保融資を提供する際には、信販・クレジットカード会社や消費者金融が保証会社して関与し、融資時の信用調査を行う形態が殆どである。また、これらと同様に民間賃貸住宅の契約時や奨学金の貸与にも信用保証が導入されている。 信用保証会社は、債務者が債務不履行に陥った場合、その残債務を債務者に代わって債権者に対し一括で立て替え、債務を精算する契約となっている。これによって債務者の債務が免除されるわけではなく、以降の取引は代位弁済した信用保証会社が取引窓口となり、弁済した信用保証会社へ返済義務を負うことになる。
(2008年11月1日現在)
(金剛信用組合として)
信用組合愛知商銀(しんようくみあいあいちしょうぎん)は、愛知県名古屋市中村区に本店を置く在日韓国人系の信用協同組合 信用組合。
権 東鉉(権田 桐一)理事長
627億3600万円(2008年(平成20年)9月末現在)
:愛知県・三重県
商銀ビル株式会社(100%出資会社)
1954年(昭和29年)12月 - 名古屋市東区に金剛信用組合として設立
1958年(昭和33年)12月 - 信用組合愛知商銀と改称
1960年(昭和35年)7月 - 岡崎支店を開設
1962年(昭和37年)8月 - 一宮支店を開設
1964年(昭和39年)10月 - 今池支店を開設
1968年(昭和43年)4月 - 豊橋支店を開設
1985年(昭和60年)9月 - 柴田支店を開設
1989年(平成1年)11月 - 春日井支店を開設
2002年(平成14年)2月 - 信用組合三重商銀の事業を譲り受け、津支店、四日市支店を開設

信用協同組合(しんようきょうどうくみあい、Credit Cooperative または Credit Union)とは、日本において預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資、ローン)、手形の発行などを行う金融機関の一つである。現在の根拠法である中小企業等協同組合法の制定以前から信用組合という呼称が一般的であり、略称は信組であるが、読み方について業界団体では「しんくみ」で統一している。2014年12月31日現在、全国に154の信用組合が存在する。 中小企業等協同組合法第3条に規定された中小企業等協同組合の一つで、第9条の8で事業分野が規定されている。業務内容について詳細を定めた法律としては協同組合による金融事業に関する法律が存在するが、同法は多くの部分で会社法や銀行法、金融商品取引法を準用している。 基本的には銀行や信用金庫と同様の業務を行っており、小切手法においては銀行と同視されている。信用金庫や農業協同組合などと同じ非営利組織(組合組織)であるが、組合員以外の預金の受入が全体の20%以内に制限されている点で信用金庫などと異なる。
『信用協同組合』より : 信用協同組合(しんようきょうどうくみあい、Credit Cooperative または Credit Union)とは、日本において預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資、ローン)、手形の発行などを行う金融機関の一つである。現在の根拠法である中小企業等協同組合法の制定以前から信用組合という呼称が一般的であり、略称は信組であるが、読み方について業界団体では「しんくみ」で統一している。2014年12月31日現在、全国に154の信用組合が存在する。 中小企業等協同組合法第3条に規定された中小企業等協同組合の一つで、第9条の8で事業分野が規定されている。業務内容について詳細を定めた法律としては協同組合による金融事業に関する法律が存在するが、同法は多くの部分で会社法や銀行法、金融商品取引法を準用している。 基本的には銀行や信用金庫と同様の業務を行っており、小切手法においては銀行と同視されている。信用金庫や農業協同組合などと同じ非営利組織(組合組織)であるが、組合員以外の預金の受入が全体の20%以内に制限されている点で信用金庫などと異なる。
(2006年3月31日現在)
(信用組合国際興業合作社)
信用組合横浜華銀(しんようくみあいよこはまかぎん)は、神奈川県横浜市中区 (横浜市) 中区に本店を置く信用協同組合 信用組合。
1952年12月 信用組合国際興業合作社として設立。
1954年5月 信用組合横浜華銀と改称する。
日本の信用組合一覧
神奈川県の信用組合

(2006年3月31日現在)
信用組合岡山商銀(しんようくみあいおかやましょうぎん)は、岡山県岡山市北区 (岡山市) 北区に本店を置く在日韓国人系の信用協同組合 信用組合。
1962年8月 信用組合岡山商銀として設立する。
ATMでは、しんくみ お得ねっと提携信用組合のカードによる出金は自組合扱いとなる。
商銀信用組合
岡山県の信用組合

信用リスク(しんようリスク)とは、債務者が、債権を履行できなくなるリスクのことである。デフォルトリスク(債務不履行の危険性)とも言う。 信用リスクは、債務者のリスクが反映されるあらゆる取引に波及するリスクである。信用リスクにさらされている金融商品として、代表的なものとしては、貸出債権や国債、社債、金融債等の債券、株式やクレジットデリバティブを挙げることができる。また、預金についても、預金を預けている金融機関がデフォルトした場合、預金が毀損する可能性があるという意味で、間接的には信用リスクにさらされていると考えることができる。 信用リスクを知るための指標としては、信用格付けが有名である。信用格付けは、格付機関が特定の有価証券や債務者の信用リスクが大きいのか小さいのかを判断したものであり、おおよその目安になる。また、法人向けの貸出しを行っている金融機関では、内部(行内)格付を整備していることが多い。 信用リスク管理は貸出を業務の柱としている金融機関にとっては、大きな関心事である。金融機関にとっては、貸倒れによる損失をカバーするための利鞘を確保することが求められる。
信用組合広島商銀(しんようくみあいひろしましょうぎん)は、広島県広島市中区に本店を置く商銀信用組合。金融機関コードは2684。 ※店舗数を除き、2008年3月31日時点 出資金:24億69百万円 従業員数:170人 預金高:1,295億円 貸出金:956億円 店舗数:15店舗(2009年9月1日時点) 中国4県(広島・山口・島根・鳥取)、四国全域を営業地区としている。 沿革 1961年11月 - 創業 1999年2月 - 山口商銀、島根商銀の事業を譲受 2001年11月 - 高知商銀の事業を譲受 2009年8月 - 松江支店廃止(広島市安佐南区の古市支店へ事業継承) ATMについて 信用組合広島商銀のATM・CDは平日のみ稼働している。
『中小企業信用保険』より : 中小企業信用保険(ちゅうしょうきぎょうしんようほけん)は、日本政策金融公庫が中小企業信用保険法(昭和25年12月14日法律第264号)に基づき、信用保証協会が中小企業者の債務に対して保証を付する再保険であり、中小企業信用補完制度の一環をなす。 昭和25年の制度発足当初は中小企業者の融資契約に対しての保険(融資保険)であったが、現在は昭和26年に導入された信用保証協会の保証契約に付する保険(保証保険)のみとなっている。 なお、当初は政府自身が中小企業信用保険特別会計によって運営していたが、昭和33年に中小企業信用保険公庫(政府関係機関)を設立して、同公庫に移管した。その後、平成11年に同公庫は中小企業事業団に統合されて、中小企業総合事業団となり、さらに、平成16年、同事業団が独立行政法人中小企業基盤整備機構に改組されたことにあわせて、信用保険部門は分離して中小企業金融公庫に移管した。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用 - License:GFDL

キーワード: 
スポンサードリンク
スポンサードリンク

PR
 Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー スカウター : Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall ブックマークに追加する
あわせて読みたい フィードメーター - Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall
累計: 昨日: 本日:
累計:6637582 昨日:0416 今日:0115 アクセスランキング
tDiary 本日のリンク元 よく読まれている記事
当サイトへのリンクはフリーです。トップページ、サイト内のページもリンクフリーです。 ご自由にリンクしていただいて結構です。リンクの確認やご報告等は不要です。
でも、急にサイト構成変更するかもしれないので注意してほしいです。ご意見、ご連絡は こちらのメッセージ送信フォームよりお願いします。でも、お返事するかどうかは微妙です。
Copyright (C) 2007 pu-taro.com. All Rights Reserved.