Warning: file(http://api.search.yahoo.com/WebSearchService/V1/webSearch?query=%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2&appid=kia99bfdat11178aa&adult_ok=1&similar_ok=&language=ja&results=20&start=1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 82

Warning: join() [function.join]: Invalid arguments passed in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 82

Warning: file(http://api.search.yahoo.com/ImageSearchService/V1/imageSearch?query=%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2&appid=kia99bfdat11178aa&adult_ok=&results=1&start=) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 101

Warning: join() [function.join]: Invalid arguments passed in /home/users/0/lolipop.jp-dp04058052/web/wiki/index.html on line 101
Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall | Wikipedia情報 | メディア

Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall

Wikipedia情報 | メディア

Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall 天動説 - The Ptolemaic theory
TOP アニメ ゲーム アイドル Labs
ワード
スポンサードリンク
スポンサード リンク
Wikipediaで検索する何か。
「メディア」で検索したら 21 個見つかりますた

メディア (media 他) Media media(メディア)はmedium(メディウム)の複数形。medium は、中間にあるもの、間に取り入って媒介するもの。 媒体 - 分野によってさまざまな訳され方をする。 メディア (媒体) - 情報の媒体。マスメディアなどを用いるマスコミや報道についてはこちらを参照のこと。 電子媒体 - デジタルデータの形で情報を記録、配布する媒体。 伝送路 - 情報を伝送する媒体。通信媒体、伝送媒体。 地理 メディア王国 - メディア人が古代イランに建てた王国。 メディア (ペンシルベニア州) (Media) - アメリカ ペンシルベニア州デラウェア郡。 メディア (イリノイ州) (Media) - アメリカ イリノイ州ヘンダーソン郡。 メディア (企業) - 2000年から2007年まで日本にあった電気通信事業者。 Medea メーデイア - ギリシャ神話のコルキスの王女で、イアソンの妻。 メディア (ギリシア悲劇) - メデイアをヒロインとするエウリピデス作の悲劇 架空 メディア - 漫画『ぱにぽに』の登場人物→ぱにぽにの登場人物#1年D組を参照 メディア - ゲーム『クイズマジックアカデミー』の登場人物→クイズマジックアカデミーの登場人物#女子生徒を参照 メディア - アニメ『聖闘士星矢Ω』の登場人物→聖闘士星矢Ω登場人物一覧#マルスの軍勢を参照 関連項目 メデア (曖昧さ回避) (英語版)Mediaの曖昧さ回避ページ (英語版)Medeaの曖昧さ回避ページ。
2000年にレンタルビデオチェーンを展開する広島県の5社(「メディアステーションポパイ」を展開する株式会社サンコー (広島県) サンコー・株式会社よしみつ・株式会社カキタ(2007年に本社機能を東京都に移転)の3社、「じゅげむ」を展開する株式会社あらき、「ムービータイム」を展開する株式会社タイムス)によってグループ展開により広島県で始めたのが発祥。
現在では、広島県はもとより、中国地方 中国、関東を中心に東海、関西、九州など全国に75店舗(2009年6月1日現在)展開し、地域最大級のネットカフェを背景に急速に勢力を伸ばしている。各地域に展開する店舗は別々の資本企業(9社)によって運営されている。株式会社サンコー (広島県) サンコーが幹事企業となっている。

メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。「情報を評価・識別する能力」とも言え、カナダ・イギリスおよびオーストラリアでは、カリキュラムに取り入れるよう国の政府が指定している。アメリカ合衆国での扱いは、州によって異なる。アメリカ合衆国以外では、メディア・リテラシーが単に「メディア教育」と呼ばれることも多い。 「情報を処理する能力」や「情報を発信する能力」をメディア・リテラシーと呼んでいる場合もあるがこの項では主に、「情報を評価・識別する能力」「情報をクリティカル(批判的)に読み取る」という意味でのメディア・リテラシーについて記述する。 メディア・リテラシーで取り扱われるメディアには、公的機関やマスメディア(新聞、テレビ、ラジオ等)を始め、映画、音楽、書籍や雑誌等の出版物、インターネット、広告等、様々なものがあり、口コミ(口頭やブログ等)や各種の芸術等も含まれることがある。
『メディア・リテラシー』より : メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。「情報を評価・識別する能力」とも言え、カナダ・イギリスおよびオーストラリアでは、カリキュラムに取り入れるよう国の政府が指定している。アメリカ合衆国での扱いは、州によって異なる。アメリカ合衆国以外では、メディア・リテラシーが単に「メディア教育」と呼ばれることも多い。 「情報を処理する能力」や「情報を発信する能力」をメディア・リテラシーと呼んでいる場合もあるがこの項では主に、「情報を評価・識別する能力」「情報をクリティカル(批判的)に読み取る」という意味でのメディア・リテラシーについて記述する。 メディア・リテラシーで取り扱われるメディアには、公的機関やマスメディア(新聞、テレビ、ラジオ等)を始め、映画、音楽、書籍や雑誌等の出版物、インターネット、広告等、様々なものがあり、口コミ(口頭やブログ等)や各種の芸術等も含まれることがある。
メディアや芸術作品の中の鉄道
鉄道や鉄道駅 駅を扱った作品は数多くある。
:サン・ラザール駅 (パリ) サン・ラザール駅(クロード・モネ)
:鉄道(エドゥアール・マネ)
:雨・蒸気・速度(ウイリアム・ターナー)
:北方鉄道(カッサンドル)
:北極星号(カッサンドル)
:ノール・エクスプレス(カッサンドル)
:(ポール・デルヴォーの作品群)
:銀河鉄道の夜(宮沢賢治)
:X電車で行こう(山野浩一)
:十津川警部シリーズ(西村京太郎)
:トロッコ、蜜柑(芥川龍之介)
:オリエント急行殺人事件(アガサ・クリスティ)
:鉄道公安官シリーズ・鉄道警察隊シリーズ(島田一男)

『情報・メディア・コミュニケーション研究』より : メディア研究(メディアけんきゅう、英語: media studies)は、様々なメディア (媒体)、とくにマスメディアについて、そのコンテンツ(情報内容)、歴史、効果などを取り扱う研究分野である。メディア研究は、社会科学と人文学の両方の伝統を引いているが、おおむね、マスコミュニケーション、コミュニケーションに関する諸学、コミュニケーション科学 (communication sciences)、コミュニケーション学 (communication studies) などが源となっている。研究者たちは関連する様々な他分野の研究手法を、この分野に持ち込んで展開させており、そうした関連分野には、カルチュラル・スタディーズ、修辞学、哲学、文学理論、心理学、政治学、政治経済学、経済学、社会学、人類学、社会理論、美術史および美術批評、映画理論、フェミニズム理論、情報理論などがある。
『情報・メディア・コミュニケーション研究』より : メディア研究(メディアけんきゅう、英語: media studies)は、様々なメディア (媒体)、とくにマスメディアについて、そのコンテンツ(情報内容)、歴史、効果などを取り扱う研究分野である。メディア研究は、社会科学と人文学の両方の伝統を引いているが、おおむね、マスコミュニケーション、コミュニケーションに関する諸学、コミュニケーション科学 (communication sciences)、コミュニケーション学 (communication studies) などが源となっている。研究者たちは関連する様々な他分野の研究手法を、この分野に持ち込んで展開させており、そうした関連分野には、カルチュラル・スタディーズ、修辞学、哲学、文学理論、心理学、政治学、政治経済学、経済学、社会学、人類学、社会理論、美術史および美術批評、映画理論、フェミニズム理論、情報理論などがある。
ニューメディアアート、メディアアート(New media art, media art)は、20世紀中盤より広く知られるようになった、芸術表現に新しい技術的発明を利用する、もしくは新たな技術的発明によって生み出される芸術の総称的な用語である。特に、ビデオやコンピュータ技術をはじめとする新技術に触発され生まれた美術であり、またこういった新技術の使用を積極的に志向する美術である。 この用語は、その生み出す作品(伝統的な絵画や彫刻など、古い媒体(メディア)を用いたアートと異なる新しい媒体(ニューメディア)を使う作品群)によってそれ自身を定義している。 ニューメディアアートは、電気通信技術、マスメディア、作品自体が含むデジタル形式の情報運搬方法といったものから生まれ、その制作はコンセプチュアル・アートからインターネットアート、パフォーマンスアート、インスタレーションといった範囲に及ぶ。
『メディアアート』より : ニューメディアアート、メディアアート(New media art, media art)は、20世紀中盤より広く知られるようになった、芸術表現に新しい技術的発明を利用する、もしくは新たな技術的発明によって生み出される芸術の総称的な用語である。特に、ビデオやコンピュータ技術をはじめとする新技術に触発され生まれた美術であり、またこういった新技術の使用を積極的に志向する美術である。 この用語は、その生み出す作品(伝統的な絵画や彫刻など、古い媒体(メディア)を用いたアートと異なる新しい媒体(ニューメディア)を使う作品群)によってそれ自身を定義している。 ニューメディアアートは、電気通信技術、マスメディア、作品自体が含むデジタル形式の情報運搬方法といったものから生まれ、その制作はコンセプチュアル・アートからインターネットアート、パフォーマンスアート、インスタレーションといった範囲に及ぶ。
メディア王国 メディアの位置メディア王国の紀元前600年頃の領域(緑)と他の四大国(黄緑)。 メディア王国(メディアおうこく、Μηδία, Media、紀元前715年頃 - 紀元前550年頃)は、2013年現在のイラン北西部を中心に広がっていたメディア人の王国である。首都はエクバタナで、アッシリアが紀元前612年頃崩壊し、その後影響力を拡大したエジプト、リュディア、新バビロニア(カルデア)とともに当時の大国となった。 イラン高原北西部の地方名として「メディア」という語が使われた。メディア人に関する情報は非常に限られている上、後世ペルシア人との同化が進み混同されて記録されたことと、メディア人が記した文献が今のところ発見されていないために、その正確な姿を復元することは困難である。 アッシリアを滅ぼした後しばらくの間強勢を誇ったが、前550年頃属国だったアケメネス朝のキュロス2世によって滅ぼされた。 メディア人の登場 インド・ヨーロッパ語族のインド・イラン語派に属する古典語のメディア語を話したメディア人が、いつ頃イラン高原に定着したのかは明らかではない。
メディア(media)とは、情報の記録、伝達、保管などに用いられる物や装置のことである。媒体(ばいたい)などと訳されることもある。記録・保管のための媒体とコミュニケーションのための媒体とに大別することができるが、両者には重なりがある。 例えばCD、手紙、電話、テレビなどは音楽、文章、声や映像などの情報を伝達するのに用いられるが、この意味でメディアと呼ばれる。 メディアは、コミュニケーションの媒介項として存在していることが多い。情報がある人から別の人へ伝達される際には、その間に何らかのメディアが介在している場合が多い。 また、日常生活などの文脈では「マスコミ」、「マスメディア」の同義語として用いられることが多い。すなわち、不特定多数の受け手を対象に情報を発信するような新聞、テレビ、ラジオなどを指す。特に、報道の役割に注目している文脈で用いられることが多い。また、これらを特に「マスメディア」と呼ぶこともある。 CDや手紙のような様々な媒体一般を指してメディアと呼ぶ場合には、技術、あるいは媒体そのものに注目している場合が多いが、報道利用に注目している文脈では、そうしたメディアの運営主体である報道諸機関(新聞社、放送局)を指している場合もある。
株式会社メディアドゥは、著作物のデジタル流通を支援する企業。 企業概要 電子書籍を中心としたデジタルコンテンツのアグリゲーションと配信システムの提供、自社メディアの運営事業を営む。 システム提供事業 コンテンツ配信事業(電子書籍サイト、音楽サイト、動画サイトなど自社メディアの運営他) セールスプロモーション事業 沿革 1996年(平成8年)4月 - 名古屋市中村区において有限会社フジテクノが設立される。 1999年(平成11年)4月 - 名古屋市中村区名駅において株式会社メディアドゥが設立される。 2001年(平成13年)11月 - メディアドゥが株式会社フジテクノを吸収合併し、本社を名古屋市中村区名駅南に移転。 2006年 2006年7月18日 J-POP着うたサイト「ミュージックフリーク!」をオープン 2006年7月18日 レゲエ着うたフルサイト「まじうた+レゲエZION」を「レゲエZIONフル」に名称変更 2006年7月18日 レゲエ着うたフルサイト「レゲエZIONフル」をオープン 2006年9月4日 J-POP着うたフルサイト「ミュージックフリーク!フル」をオープン 2006年11月6日 電子書籍サイト「めちゃコミ」をオープン 2006年12月13日 レゲエ着うたフルサイト「レゲエZIONフル」をオープン 2007年 2007年1月11日 電子書籍サイト「めちゃコミ」をオープン 2007年3月21日 着うたサイト「レゲエZION」が楽曲を選曲した セレクトCD「Legend of DanceHall」を発売 2007年4月16日 クラブ系総合着うたフルサイト「クラブZIONフル」を オープン 2007年5月24日 待ちうたサイト「レゲエZION・コール」をオープン 2007年6月20日 KEN-U / MICKY RICH / DOMINO KAT らが所属する「KAPPATSU DANGAN Pro」公式特設サイトをレゲエZION内にオープン 2007年7月2日 着うたフル取り放題サービス「うたホーダイ」に対応した 「i洋楽トリホーダイ・フル」をオープン 2007年7月19日 プライムワークス株式会社と共同で電気通信事業者、株式会社ウィルコムが提供するオフィシャル電子ブックサービス「W+Book(ダブリューブック)」へのシステム提供と事務局の運営を開始 2007年8月6日 日本文芸社公式携帯コミックサイト「ニチブンDコミックス」をオープン 2007年8月8日 「PUSHIM」の公式モバイルページをレゲエZION内にオープン 2007年9月3日 手塚治虫公式電子書籍サイト「まんがの虫DX」をオープン 2007年11月19日 呼び出し音を好みの音源に変えられる「メロディコール」 サービスに対応した「レゲエZIONコール」をオープン 2008年 2008年1月16日 レゲエアーティスト「PANG」の冬ラブソング『もしも』を レゲエザイオンにて着うた・着うたフルを独占先行配信 2008年3月27日 アニメ系着うたフルサイト「アニメフリークフル」をオープン 2008年3月27日 ケータイコミック情報誌「ポケコミ」をオープン 2008年4月3日 東海地区No.1ラジオ局「ZIP-FM」にてレゲエZIONの人気着うたカウントダウンを行う『REGGAE ZION THE RADIO』を放送開始 2008年4月15日 日本最大のレゲエイベント「横浜レゲエ祭2008」の公式モバイルサイトを「レゲエザイオン」内にオープン 2008年4月21日 着うたフルサイト「アロハ!!サーフZION」をオープン 2008年6月10日 東映株式会社と弊社、株式会社メディアドゥは協業し、モバイル動画サイト「東映特撮BBモバイル」をオープン 2008年6月10日 「ミナミの帝王」など映画も見放題コーナーも充実したモバイル動画サイト「シネマドゥ」をオープン 2008年6月19日 NTTドコモの提供する「ホームU」に「シネマドゥ」からコンテンツを提供 2008年7月7日 携帯コミックサイト「ポケコミ」をオープン 2008年7月7日 アニメシリーズを集めたモバイル動画サイト「アニメドゥ」をオープン 2008年8月4日 日本・全世界の妖怪1300体を映像化したモバイル動画配信サイト「水木しげる妖怪全集 妖鬼化(ムジャラ)」をオープン 2008年8月4日 レゲエの動画サイト「レゲエZION the MOVIE」がオープン 2008年8月4日 「横浜レゲエ祭2008」の公式スポンサーとしてレゲエZIONブースを出展 2008年8月21日 株式会社USENが運営する「モバイルGyaO」に電子書籍配信システムを提供 2008年10月20日 手塚治虫のアニメ専門モバイル動画サイト「手塚治虫アニメワールド」をオープン 2008年11月4日 レーベルモバイル株式会社に電子書籍配信システムを提供し、電子書籍サイト「コミチョク」をオープン 2008年11月26日 株式会社サイバープラスと提携し、携帯小説家及び漫画家育成サイト「ポケスペクリエイターズ」をオープン 2008年12月29日 株式会社メディアドゥと面白法人カヤックがモバイル展開で業務提携し、『キもゲーTown』コンテンツの配信を開始 2009年 2009年1月19日 レゲエ専門待ちうけFLASH・きせかえ・デコメ配信サイト「レゲエZION Style」をオープン! 2009年3月03日 FIRE BALLのライブツアー「FIRE CAMP TOUR 2009」公式モバイルサイトをレゲエZION内にオープン 2009年4月15日 日本最大の野外レゲエフェス「横浜レゲエ祭2009」の公式モバイルサイトをレゲエZION内にオープン 2009年4月20日 着うたフルサイト「アニメフリークフル」をオープン 2009年7月2日 社会貢献型きせかえコンテンツの配信を開始 2009年7月3日 野外レゲエフェス「HIGHEST MOUNTAIN 2009」の公式モバイルサイトをレゲエZION内にオープン 2009年7月29日 レゲエZION初の公式MIX CD『REGGAE ZION BEST MIX』発売 2009年9月17日 総合クラブ系メロディーコールサイト「クラブZIONコール」をオープン 2009年11月5日 「週刊コミックバンチ」を携帯電話向けにまるごと配信する 『週刊モバイルバンチ』をオープン 2009年11月24日 メディアドゥと中部日本放送が協業し、モバイル電子書籍サイト「hicbcブックス」をオープン 2009年12月1日 電子書籍、動画、音楽などのデジタルコンテンツの流通を、システムとサービスで支援する、デジタルコンテンツ配信システム『Contents Aggregation System』の紹介サイトを公開 2009年12月21日 HIPHOP専門レーベル「HOOD SOUND」の公式着うたフルサイト『DE-LUXE powered by HOOD SOUND』をオープン 2009年12月21日 メディアドゥとナノ・メディアの協業による、きせかえコンテンツサイト 『Artist Style(アーティストスタイル)』をオープン 2010年 2010年3月23日 手塚治虫のマンガを読み放題できる「手塚治虫∞見放題」をオープン 2010年4月14日 NTTドコモの電子書籍ポータル『iMenuブック』にデジタルコンテンツ配信システム『Contents Aggregation System -CAS-』が採用 2010年6月30日 きせかえコンテンツ配信に特化したASPサービス『CAS for きせかえ』を提供 2010年7月14日 モバイル通販サイト「ZION SELECT SHOP」をオープン 2010年7月20日 小学館のアクティブなシニア層向けモバイルサイト「まいにちサライ」にメディアドゥのデジタルコンテンツ配信システム『Contents Aggregation System -CAS-』が採用 2010年7月21日 レゲエZIONのオフィシャルMIX-CD第2弾 『REGGAE ZION Loves LB-03 LOVE RAGGA VIBES』 をリリース 2010年10月0日 モバイル動画サイト「シネマドゥ」でTBSオンデマンド作品を配信開始 2010年10月18日 "ピコ"のオフィシャルモバイルファンクラブ『ピコーツ(笑)』の携帯サイトをオープン 2010年10月28日 ノース・スターズ・ピクチャーズとメディアドゥが提携し、月刊コミックゼノン全作品をドコモのAndroid端末に無料配信を開始 2010年10月28日 NTTドコモのAndroid端末向けに電子書籍ビューア『MD Book viewer(エムディブックビューア』を提供 2010年11月4日 ソフトバンクモバイルのAndroid端末向けに電子書籍ビューア『MD Book viewer』および配信システムを提供 2010年12月15日 メディアドゥは株式会社デジタルガレージとの事業提携および資本提携 2010年12月20日 メディアドゥはカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社との業務提携および資本提携 2014年8月 - 本社を愛知県名古屋市中区より現在地に移転。
『マスメディア集中排除原則』より : マスメディア集中排除原則(マスメディアしゅうちゅうはいじょげんそく、the principle of excluding multiple ownership of the media)とは、放送法第93条第1項第4号および第2項に規定する総務省令基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令の通称である。 基幹放送事業者に対する出資に関する規制であり、少数の者により複数の基幹放送事業者が支配されることを防ぎ、多くの者が表現の自由を享受できるようにするため、複数の基幹放送事業者に対する出資を制限している。 沿革 1988年(昭和63年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号に「前三号に掲げるもののほか、郵政省令で定める放送をする無線局の開設の根本的基準に合致すること」が追加された。 これを受け郵政省令放送局の開設の根本的基準(現総務省令基幹放送局の開設の根本的基準) に第9条「放送の普及」が追加 された。 マスメディア集中排除原則が法令に明文化されたこととなる。 2008年(平成20年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号は「総務省令で定める放送による表現の自由享有基準(放送をすることができる機会をできるだけ多くの者に対し確保することにより、放送による表現の自由ができるだけ多くの者によつて享有されるようにするため、申請者に関し必要な事項を定める基準をいう。
『マスメディア集中排除原則』より : マスメディア集中排除原則(マスメディアしゅうちゅうはいじょげんそく、the principle of excluding multiple ownership of the media)とは、放送法第93条第1項第4号および第2項に規定する総務省令基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令の通称である。 基幹放送事業者に対する出資に関する規制であり、少数の者により複数の基幹放送事業者が支配されることを防ぎ、多くの者が表現の自由を享受できるようにするため、複数の基幹放送事業者に対する出資を制限している。 沿革 1988年(昭和63年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号に「前三号に掲げるもののほか、郵政省令で定める放送をする無線局の開設の根本的基準に合致すること」が追加された。 これを受け郵政省令放送局の開設の根本的基準(現総務省令基幹放送局の開設の根本的基準) に第9条「放送の普及」が追加 された。 マスメディア集中排除原則が法令に明文化されたこととなる。 2008年(平成20年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号は「総務省令で定める放送による表現の自由享有基準(放送をすることができる機会をできるだけ多くの者に対し確保することにより、放送による表現の自由ができるだけ多くの者によつて享有されるようにするため、申請者に関し必要な事項を定める基準をいう。
『マスメディア集中排除原則』より : マスメディア集中排除原則(マスメディアしゅうちゅうはいじょげんそく、the principle of excluding multiple ownership of the media)とは、放送法第93条第1項第4号および第2項に規定する総務省令基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令の通称である。 基幹放送事業者に対する出資に関する規制であり、少数の者により複数の基幹放送事業者が支配されることを防ぎ、多くの者が表現の自由を享受できるようにするため、複数の基幹放送事業者に対する出資を制限している。 沿革 1988年(昭和63年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号に「前三号に掲げるもののほか、郵政省令で定める放送をする無線局の開設の根本的基準に合致すること」が追加された。 これを受け郵政省令放送局の開設の根本的基準(現総務省令基幹放送局の開設の根本的基準) に第9条「放送の普及」が追加 された。 マスメディア集中排除原則が法令に明文化されたこととなる。 2008年(平成20年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号は「総務省令で定める放送による表現の自由享有基準(放送をすることができる機会をできるだけ多くの者に対し確保することにより、放送による表現の自由ができるだけ多くの者によつて享有されるようにするため、申請者に関し必要な事項を定める基準をいう。
『マスメディア集中排除原則』より : マスメディア集中排除原則(マスメディアしゅうちゅうはいじょげんそく、the principle of excluding multiple ownership of the media)とは、放送法第93条第1項第4号および第2項に規定する総務省令基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令の通称である。 基幹放送事業者に対する出資に関する規制であり、少数の者により複数の基幹放送事業者が支配されることを防ぎ、多くの者が表現の自由を享受できるようにするため、複数の基幹放送事業者に対する出資を制限している。 沿革 1988年(昭和63年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号に「前三号に掲げるもののほか、郵政省令で定める放送をする無線局の開設の根本的基準に合致すること」が追加された。 これを受け郵政省令放送局の開設の根本的基準(現総務省令基幹放送局の開設の根本的基準) に第9条「放送の普及」が追加 された。 マスメディア集中排除原則が法令に明文化されたこととなる。 2008年(平成20年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号は「総務省令で定める放送による表現の自由享有基準(放送をすることができる機会をできるだけ多くの者に対し確保することにより、放送による表現の自由ができるだけ多くの者によつて享有されるようにするため、申請者に関し必要な事項を定める基準をいう。
『マスメディア集中排除原則』より : マスメディア集中排除原則(マスメディアしゅうちゅうはいじょげんそく、the principle of excluding multiple ownership of the media)とは、放送法第93条第1項第4号および第2項に規定する総務省令基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令の通称である。 基幹放送事業者に対する出資に関する規制であり、少数の者により複数の基幹放送事業者が支配されることを防ぎ、多くの者が表現の自由を享受できるようにするため、複数の基幹放送事業者に対する出資を制限している。 沿革 1988年(昭和63年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号に「前三号に掲げるもののほか、郵政省令で定める放送をする無線局の開設の根本的基準に合致すること」が追加された。 これを受け郵政省令放送局の開設の根本的基準(現総務省令基幹放送局の開設の根本的基準) に第9条「放送の普及」が追加 された。 マスメディア集中排除原則が法令に明文化されたこととなる。 2008年(平成20年) 電波法改正 により、第7条第2項第4号は「総務省令で定める放送による表現の自由享有基準(放送をすることができる機会をできるだけ多くの者に対し確保することにより、放送による表現の自由ができるだけ多くの者によつて享有されるようにするため、申請者に関し必要な事項を定める基準をいう。
『通信と放送の融合』より : 通信と放送の融合(つうしんとほうそうのゆうごう)は、インターネット網のブロードバンド化や放送インフラのデジタル化に伴い、主に通信と放送を連携させたサービスが進展したり、通信業界と放送業界の相互参入が進展したりする現象を指す。 制度的な融合 通信と放送の制度的境界 現在の日本の法制度では、放送は放送法第2条第1号により「公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信」と定義され、電気通信は電気通信事業法第2条第1号により「有線、無線その他の電磁的方式により、符号、音響又は影像を送り、伝え、又は受けること」と定義されている。 一般的に、通信は放送よりも広義の概念とされ、通信の中の特殊類型が放送であるとされる。 総務省のガイドライン 通信衛星を利用した映像配信サービスが普及してきたことに伴い、郵政省(現:総務省)では1997年12月に「通信衛星を利用した通信・放送の中間領域的な新たなサービスに係る通信と放送の区分に関するガイドライン」を策定した。
『通信と放送の融合』より : 通信と放送の融合(つうしんとほうそうのゆうごう)は、インターネット網のブロードバンド化や放送インフラのデジタル化に伴い、主に通信と放送を連携させたサービスが進展したり、通信業界と放送業界の相互参入が進展したりする現象を指す。 制度的な融合 通信と放送の制度的境界 現在の日本の法制度では、放送は放送法第2条第1号により「公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信」と定義され、電気通信は電気通信事業法第2条第1号により「有線、無線その他の電磁的方式により、符号、音響又は影像を送り、伝え、又は受けること」と定義されている。 一般的に、通信は放送よりも広義の概念とされ、通信の中の特殊類型が放送であるとされる。 総務省のガイドライン 通信衛星を利用した映像配信サービスが普及してきたことに伴い、郵政省(現:総務省)では1997年12月に「通信衛星を利用した通信・放送の中間領域的な新たなサービスに係る通信と放送の区分に関するガイドライン」を策定した。
Name メディア・バーン・ライヴ
Type ライヴアルバム
Artist 坂本龍一
Released 1986年9月21日
Recorded
Genre
Length
Label ミディ
Producer 坂本龍一
Reviews
メディア・バーン・ライヴ(Media Bahn Live)は1986年にリリースされた坂本龍一のライヴ・アルバム。または坂本初のソロ・ツアーの名称。
アルバムはライヴの演奏曲を中心に収録されている。曲順はライヴでの演奏順とほぼ同じで、前半がバンド、中盤が坂本のソロ、最後は再びバンド演奏となる。
リリース当初はLP2枚組で、2枚目のB面(EX-JAZZ以降)は45回転。
1986年4月21日大阪厚生年金会館を皮切りに6月18日の渋谷公会堂(現CC Lemonホール)を最終日を含む計28回の公演であった。
坂本龍一と言えば、当時はまだイエロー・マジック・オーケストラ YMOでの「コンピュータとの同期による機械的な演奏」というイメージが強かった。このライブツアーではそのイメージを覆すべく、コンピュータを排除し、すべて人間による演奏に支えられている。そのため、アルバム『未来派野郎』ではコンピュータにより演奏されていた複雑なシーケンスパターンでさえ、一部簡略化してサポートキーボーディストが手弾きで演奏している。テクノのイメージがあった坂本にしてはテープやシーケンサーシンク等を一切使わず、マンパワーでライブをこなした、非常にロック的な印象を観客に与えたステージだった。

 『メディアキング電波ファイター』( - でんぱ - )は、1994年4月4日~1996年10月4日まで中京広域圏を対象に放送された、CBC中部日本放送制作の夜のワイド番組(ラジオ番組)。
 これまで同・CBCの夜ワイド枠で放送されてきた番組『小堀勝啓のわ!Wide とにかく今夜がパラダイス』『CREATIVE COMPANY 冨田和音株式会社』は、共にメインのラジオパーソナリティ パーソナリティ1名が月曜~金曜(木曜)まで通して出演する形で行われたが、当番組ではパーソナリティが日替わり制となり、月曜~土曜まで放送の帯番組となった。また、番組専用に導入した電話通信回線 回線や街頭に設置したマイクロフォン マイクなどからリスナーのメッセージを受け付け、番組の進行に活用させるという少々変わったシステムが試行された。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用 - License:GFDL

キーワード: 
スポンサードリンク
スポンサードリンク

PR
 Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー スカウター : Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall ブックマークに追加する
あわせて読みたい フィードメーター - Pu-taro炉店 - Pu-taro Stall
累計: 昨日: 本日:
累計:6634971 昨日:0127 今日:0323 アクセスランキング
tDiary 本日のリンク元 よく読まれている記事
当サイトへのリンクはフリーです。トップページ、サイト内のページもリンクフリーです。 ご自由にリンクしていただいて結構です。リンクの確認やご報告等は不要です。
でも、急にサイト構成変更するかもしれないので注意してほしいです。ご意見、ご連絡は こちらのメッセージ送信フォームよりお願いします。でも、お返事するかどうかは微妙です。
Copyright (C) 2007 pu-taro.com. All Rights Reserved.